top of page
  • Wolfgang Fobo

シングエッティ


モーリタニアの砂漠の彼方にあるシングエッティは神秘的な場所です。このオアシスに関する詳細はGoogleで調べることができますが、シングエッティはイスラム教で7番目に聖なる場所と考えられており、学者たちが集まった場所であり、宗教や科学に関する古い文献が詰まった多くの古い図書館があります。

シングエッティに到達するためには、4x4が必要であり、また、アタールから直接行く場合は、私たちが道と理解する意味での道は存在しませんので、自分自身で運転することはできません。砂、たくさんの砂を乗り越えなければなりません。4x4と経験豊富なドライバーがいないと、簡単に立ち往生してしまい、道がなく、ネットワークもない場所では、ロードサービスは存在しません(道がある場所でも存在しません)。私たちは普通の観光客がやるように、ツアーオペレーターとツアーを予約し、彼らが車と装備を持っています。車に関しては、実質的にすべての砂漠車はトヨタ·ハイラックスのピックアップです。私たちのドライバー、ブラヒムさんは砂丘の真のマスターでした。


私たちのトヨタ車のタイヤがパンクしました

お茶の休憩

パンクしたタイヤの修理を待っている間、私たちは数ある茶屋の一つでお茶を楽しむ休憩を取りました。タイヤを修理できる能力を持っている幸運な街、アタルでお茶を飲まなければなりませんでした。

スペアタイヤはとても古く、溝もなかったため、スペアタイヤもパンクしてしまう前にどのくらいの距離を走行できるか、本当に立ち往生することなく進むことができるか、私は不安でした。


道中で

シングエッティでは、「ラ·ゲイラ·ゲストハウス」という家庭的な雰囲気で、WiFiや超清潔なバスルームが完備された宿に滞在しました。




多数ある図書館の1つの管理人が、私たちに古い書物を紹介してくれました。

砂丘と夕日

モーリタニアではアルコールが禁止されているため、サンダウナー(夕暮れ時に飲むアルコール飲料)なしでも美しい夕日を楽しむことができました。

ラクダに乗る

私は頼んでいなかったけれど、このラクダの乗り物は旅の一環だったようで、ピクニックの場所から砂丘まで2時間の乗り物を受け入れるために、我慢するしかありませんでした。とても快適とは言えませんでしたが、それは貴重な経験でした。


12 Ansichten0 Kommentare

Comments


bottom of page